制作実績

WORKS
  • リボルバー・リリー
    著者名:長浦京
    出版社:講談社
    かつて「最も排除すべき日本人」と呼ばれた諜報員の百合は、消えた陸軍資金の鍵を握る少年との出会いをきっかけに再び戦場へと還る。
    関東大震災後の東京を生き抜く先に、安息の地は待っているのか!
  • 比ぶ者なき
    著者名:馳 星周
    出版社:中央公論新社
    日本には”神”をも支配した男がいた

    時は七世紀末。先の大王から疎まれ、不遇の時を過ごした藤原不比等。
    彼の胸には、畏しき野望が秘められていた。
    それは、「日本書紀」という名の神話を創り上げ、天皇を神にすること。
    そして自らも神となることで、藤原家に永遠の繁栄をもたらすことであった。

    今までの歴史観を覆す、馳 星周の新たな到達点!

    2017啓文堂書店文芸大賞候補作
  • バベル九朔
    著者名:万城目学、写真:小林川ペイジ
    出版社:KADOKAWA
    作家志望の「夢」を抱きながら祖父が遺した雑居ビル「バベル九朔」で管理人をしている俺。
    業務をこなしていたある日、
    全身黒ずくめの「カラス女」が現れ、俺に問うてきた。

    「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」

    巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――
    心が安まる暇もない俺がうっかり触れた1枚の絵。
    その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。
    そこで出会った見知らぬ少女から「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは、雲をも貫く、巨大な塔だった。
  • 本質を見通す100の講義
    著者名:森博嗣、装画:佐藤香苗
    出版社:大和書房
    何気なく過ごす中で、物事の大切な本質を見落としていませんか?
    人気ミステリィ作家が贈る「考えて生きる」ための静かに鋭い視点!
  • 人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて
    著者名:たかのてるこ
    出版社:ダイヤモンド社
    海外旅エッセイ本が2冊発売!欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅!
  • 純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて
    著者名:たかのてるこ
    出版社:ダイヤモンド社
    海外旅エッセイ本が2冊発売!欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅!
  • 本懐に候
    著者名:山本音也、装画:深津真也
    出版社:小学館
    現代でも非常に人気がある「新選組」において、あまり多くを語られていない最後の隊長・相馬主計と隊士・安富才助にスポットをあて、
    その波乱万丈の人生を重厚かつ繊細な筆致で描き出しています。
    戦いで死ぬことができなかった男が抱える葛藤や、不器用なまでの生き様は、時代小説好きの読者ならずとも強く惹きつけられるはずです。
  • あの時、僕らの歌声は。
    著者名:AAA
    出版社:幻冬舎
    AAAデビュー11周年記念ドキュメント小説。
    「これまでのAAAの活動で、もっとも記憶に残っている出来事はなんですか?」
    メンバーへの個別インタビューを元に構成した、落涙必至のドキュメント小説、ここに完成! 今だからこそ伝えたい、大切な記憶がある――。
    数多の挫折や痛みを乗り越えてきた7人の、希望と絆の物語。
  • シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問
    著者名:パトリック・キングズレー 、翻訳:藤原 朝子
    出版社:ダイヤモンド社
    泥沼化する難民危機の「最前線」で、いったい何が起こっているのか?
    報道では絶対にわからない「難民危機」の本質をあぶり出す。
  • SRO episode0 房子という女
    著者名:富樫倫太郎
    出版社:中央公論新社
    幼いころから、誰よりも非常なことを平然とやってしまう近藤房子。
    小学校六年の時、唯一の理解者であった最愛の姉が自ら命を絶ってしまう。
    その理由を知った房子は、実の父に殺意の目を向けるのだった――。
    SROを翻弄し続けるあの最凶の殺人鬼が、驚愕の半生を語る。
    その過去はあまりにも衝撃的!

    大人気警察小説、待望のシリーズ最新刊。

  • ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件
    著者名:七尾与史、装画:ワカマツカオリ
    出版社:幻冬舎
    双子ばかりを狙った猟奇殺人事件が発生。
    手がかりもなく、難航するかと思われたその事件を、“いつになく”スムーズに解決に導いた黒井マヤは、所属する三係の慰安旅行先に、なんの変哲もない田舎町を提案する。
    その「城華町」は、マヤの父である警察庁次長・黒井篤郎が、かつて難事件に遭遇した町だった。
    そしてマヤたちが訪れるや、若い女性の撲殺死体が発見される――。
    城華町には何が隠されているのか。
    34年の時を超えて、父と娘の二つの事件が交差する、待望のシリーズ最新作!
  • 伊藤くんAtoE
    著者名:柚木麻子
    出版社:幻冬舎
    それぞれに魅力的な5人の女性を振り回す、伊藤誠二郎、27歳。
    見た目はいいが、自己中心的。自分は傷つくくせに、人は平気で傷つける。
    彼女たちが伊藤に抱く恋心、苛立ち、嫉妬、執着、優越感―。ほろ苦く痛がゆい著者会心の成長小説。
  • 正直に語る100の講義
    著者名:森博嗣、装画:北澤平祐
    出版社:大和書房
    心から聞こえる音に、耳を塞いでいる人へ--
    本音の鍵、失くしていませんか?
    自分だけの「世界の見え方」を取り戻す一冊。
  • 花咲小路三丁目のナイト
    著者名:小路幸也、装画:上杉忠弘
    出版社:ポプラ社
    元「怪盗紳士」も、若手刑事も、ちょっと不思議な花屋さんもいる花咲小路商店街。
    たくさんのユニークな人々が暮らし、日々大小さまざまな事件が起こる。
    今回の舞台は花咲小路唯一の深夜営業のお店、「喫茶ナイト」。
    商店街のみなさんの、夜にしかできない相談ごとに応えていて――
  • 小説BOC3
    著者名:伊坂幸太郎、朝井リョウ、吉田修一、森見登美彦 ほか
    出版社:中央公論新社
    ●大型連載企画『螺旋プロジェクト』
    伊坂幸太郎、朝井リョウ、天野純希、乾ルカ、大森兄弟、澤田瞳子、薬丸岳、吉田篤弘の8人の作家が、世界観を共有し、古代から未来までの時代を担当。各長篇により一つの壮大な絵巻物を織り上げます。「螺旋」小説連載第三回も快調!
    今からでも遅くない!螺旋ガイドを掲載。

    ●作家特集は映画「怒り」も公開の吉田修一。
    全国を駆け抜けた作家の2年8ヶ月に密着。「怒り」出演の綾野剛との対談も掲載。

    ●豪華連載執筆陣
    西條奈加、堂場瞬一、田崎礼、茅田砂胡など豪華執筆陣による連載小説。
    また、あの森見登美彦が京都を舞台にシャーロック・ホームズの物語を描く連載小説がスタート!

    ●読み切り特集「日本のアカルイミライ」
    恩田陸、坂口恭平、小路幸也、瀬名秀明、支倉凍砂、山内マリコの6人の作家が、2030年の未来を描いた小説で競演!!
  • 小説BOC2
    著者名:伊坂幸太郎、朝井リョウ、堂場瞬一ほか
    出版社:中央公論新社
    ●大型連載企画『螺旋プロジェクト』
    伊坂幸太郎、朝井リョウ、天野純希、乾ルカ、大森兄弟、澤田瞳子、薬丸岳、吉田篤弘の8人の作家が、世界観を共有し、古代から未来までの時代を担当。各長篇により一つの壮大な絵巻物を織り上げます。「螺旋」小説連載第二回もますます面白い!
    創刊記念講演会で8組の作家が語った創作の秘密を詳細もレポート!

    ●作家特集は警察小説界の雄・堂場瞬一のすべてに迫ります。
    大作「バビロンの秘文字」にまつわる欧州取材をはじめ、知られざる作家の素顔を紹介!

    ●豪華連載執筆陣
    吉田修一「続 横道世之介」、茅田砂胡「デルフィアニア戦記外伝 ポーラの戴冠式」など豪華執筆陣による連載小説も続きが気になる!

    ●読み切り特集「日本のアカルイミライ」
    恩田陸、坂口恭平、小路幸也、瀬名秀明、支倉凍砂、山内マリコの6人の作家が、2030年の未来を描いた小説で競演!!
  • 小説BOC1
    著者名:伊坂幸太郎、朝井リョウ、茅田 砂胡ほか
    出版社:中央公論新社
    中央公論新社創業130周年記念特別企画として、季刊文芸誌「小説BOC」が創刊です。
    ●大型競作企画「螺旋」プロジェクト
    伊坂幸太郎をはじめ、朝井リョウ、薬丸岳など8作家9名が、共通した世界観を創り上げます。古代から未来までの時代を各作家が担当し、各長篇により一つの壮大な絵巻物を、一から織り上げる、いまだかつてない試みです。

    ●豪華連載執筆陣!
    吉田修一「続 横道世之介」をはじめ、堂場瞬一、佐藤賢一などの連載作品を掲載。

    ●作家特集
    C☆NOVELSが誇る人気作家・茅田砂胡を大特集

    ●読み切り特集『ホントにつながっているの?』
    「つながる文芸誌」というコンセプトから、フレッシュな作家たちが執筆。
  • 南太平洋大決戦1
    著者名:林譲治、装画:渡邉文也
    出版社:電波社
12345...10...