制作実績

WORKS
  • 府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
    著者名:白田
    出版社:ポプラ社
    1968年12月10日、東京都府中市で起きた未解決事件。
    あの日、何があったのか――。

    この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。
    ――府中三億円事件を計画、実行したのは私です。
    今なお語り継がれる未解決事件、完全犯罪として成立している事件の全貌を、みなさんにお話しいたします。

    事件発生から50年目を迎える節目の今年、ネットに投稿された超話題作!
  • 負けずぎらい。
    著者名:広瀬すず
    出版社:日経BP社
    10代最後の1年を振り返り、20代への決意を初めて語る
    20歳メモリアル・フォトエッセー


    これからは、自分の中から何か欲が出てきたら正直になってみたい。20歳からは自己責任で自分の人生を歩いてみたいと思うようになりました。”負けずぎらい”な一面は相変わらずですが、最近は誰かとの勝負というよりも、自分のスタンスや譲れないものに対しての負けずぎらいになってきました。お芝居という表現に関してずっと思っているのは、「普通は嫌だ!」ということ。自分なりの挑戦を続けてきます。
                                                        ―――広瀬すず

  • 木村伊兵衛傑作選+エッセイ 『僕とライカ』
    著者名:木村伊兵衛
    出版社:朝日新聞出版
    「ライカの名手」として多彩に活躍した巨匠のエッセイ&写真集。代表作について当初をふり返る解説に加え、ライカとの出会いと魅力、国内外の写真集との交友録、撮影への思いが語られるほか、土門拳、徳川夢声との対談を収録。
  • 運命の人 あなたに「愛の奇跡」を起こす本
    著者名:田宮陽子
    出版社:マキノ出版
    自分を大切にすると「運命の人」は現れる!

    ・「運命の人」と出逢うとあなたに「みちがえるような変化」が起きる!
    ・「運命の人」との出逢いはあなたの人生にスケジューリングされている。
    ・「運命の人」に出逢ったときに、どんな感覚になるの?
    ・「運命の人」はあなたの「使命」と結びついている!
    ・「運命の人」と最高のタイミングで出逢うナイショのワーク
  • 箱根0区を駆ける者たち
    著者名:佐藤俊
    出版社:幻冬舎
    選ばれなかった者たちの”もう一つ”の箱根駅伝。
    付き添い、計測員、給水員、応援係・・・・・・。
    「最後の箱根」で”戦力外”になった東海大陸上部4年生たちの挫折と再起を追った、感動のノンフィクション!
  • 人生に大きな期待はしないから、せめて無償で愛されたい
    著者名:あたりめ、カバーイラスト:大野莉楠
    出版社:KADOKAWA
    Twitterで22万人が共感
    「綺麗ごと一切なし」だからこそ救われる!

    ●この世に男がいなければ、私たちはどんな顔でも人生楽しめたのに
    ●愛は「お金と時間をどれだけ自分に使ってくれるか」でしか測れない
    ●恋は惚れたほうが負け。「大事にする価値のある女」だと洗脳しろ
    ●彼氏から貰ったネックレスは別れた瞬間「私のネックレス」だし
    ●男女の友情は「ヤッたらありえる」と思います
    ●女の大半は恋愛脳。女と野館で寂しさを埋めることは不可能

    理不尽な世の中が少しだけ生きやすくなる
    人生や恋愛に悩む〈クソ茶番劇場〉の皆さんに捧げるエール本
  • おばちゃん介護道 独身・還暦作家、91歳母を看る
    著者名:山口恵以子
    出版社:大和出版
    元「食堂のおばちゃん」作家が母との日々を綴った、笑いと愛情たっぷりの新感覚ガス抜きエッセイ

    振り回される度に、何故か愛しさが膨らんでいく。
    原稿を書き、母親を介護し、猫3匹(暴力的)に悪さをされる多忙な毎日。
    そんな中、たとえ母親がワガママを言っても、記憶が抜け落ちても、ウンチやオシッコを漏らしても、
    「順番だもんなあ」
    と明るく受け容れられる秘訣とは――?
  • あっぱれ日本旅! 世界一、スピリチュアルな国をめぐる
    著者名:たかのてるこ
    出版社:幻冬舎
    まさか、日本がこんなディープな国だとは!
    65ヵ国を旅するてるこ、脱OLして日本旅へ。高野山では美坊主とプチ修行。北海道ではアイヌのシャーマンと満腹儀式。沖縄では80歳のオバアホステスに驚愕、聖地で癒され、最強ユタのお告げに目からウロコ・・・・・・。離島めぐりで個性派民宿に泊まり、島人のもてなしで心をフルチャージ!無双の爆笑紀行。
  • ゴビ 僕と125キロを走った、奇跡の犬
    著者名:ディオン・レナード
    出版社:ハーパーコリンズ社
    2016 年初夏。
    7日間かけて250kmを走るゴビ砂漠マラソンに挑戦するためスコットランドからやってきたディオンは、レース2 日目、スタート地点に紛れこんだ小さな迷い犬が自分をじっと見上げているのに気づいた。
    犬はなぜか彼のそばを離れず、レースが始まると一緒に走り出す。
    この出会いが、ディオンの人生を大きく変えていくことに──。
    各国でベストセラー! 人間と犬との、奇跡の実話。
  • 再生医療とリハビリテーション
    著者名:再生医療とリハビリテーション研究会 編、装画:西口司郎
    出版社:三輪書店
    再生医療 + リハビリテーション = 完治の未来へ !

    再生医療の発展により、これまで困難と考えられてきた疾患の治療が可能となってきた。
    当初、再生医療は、後遺症や障害を残さない根治療法を目指した新規治療法と考えられていたが、臨床試験が進むにつれ、細胞治療後のリハビリテーションの重要性が示されるようになってきた。
    再生医療によって機能障害は改善されるため、既存のリハビリテーションにおける障害の定義付け・ゴール設定が再考され、臨床現場が大きく変わることが予想されている。

    完治を目指した展開を見据え、再生医療、リハ医学、ロボット工学、脳科学を融合させた知識の普及を図る第一歩となる1冊。
  • 25グラムの幸せ ぼくの小さなハリネズミ
    著者名:マッシモ・ヴァケッタ、アントネッラ・トマゼッリ
    出版社:ハーパーコリンズ社
    イタリヤ人男性マッシモは、ある日1匹のハリネズミと出会う。
    親とはぐれたらしく迷子になっていた、わずか25グラムしかない、生まれたばかりのハリネズミ。
    マッシモは助けたその子を"ニンナ"と名づけ、ともに暮らしはじめる。
    その出会いが、いつしかマッシモの人生を変えていき──

    彼が<ハリネズミ病院の先生>になるまでを綴った、感動ノンフィクション。
  • Hello,light. ~loundraw art works~
    著者名:loundraw
    出版社:双葉社
    数々のベストセラーの挿画を担当するloundrawの初作品集。
    数多くの書籍用イラスト以外にも、オリジナルイラストや本書のための描き下ろしを含む50点を超える厳選作品を収録。
  • 本質を見通す100の講義
    著者名:森博嗣、装画:佐藤香苗
    出版社:大和書房
    何気なく過ごす中で、物事の大切な本質を見落としていませんか?
    人気ミステリィ作家が贈る「考えて生きる」ための静かに鋭い視点!
  • 人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて
    著者名:たかのてるこ
    出版社:ダイヤモンド社
    海外旅エッセイ本が2冊発売!欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅!
  • 純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて
    著者名:たかのてるこ
    出版社:ダイヤモンド社
    海外旅エッセイ本が2冊発売!欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅!
  • あの時、僕らの歌声は。
    著者名:AAA
    出版社:幻冬舎
    AAAデビュー11周年記念ドキュメント小説。
    「これまでのAAAの活動で、もっとも記憶に残っている出来事はなんですか?」
    メンバーへの個別インタビューを元に構成した、落涙必至のドキュメント小説、ここに完成! 今だからこそ伝えたい、大切な記憶がある――。
    数多の挫折や痛みを乗り越えてきた7人の、希望と絆の物語。
  • シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問
    著者名:パトリック・キングズレー 、翻訳:藤原 朝子
    出版社:ダイヤモンド社
    泥沼化する難民危機の「最前線」で、いったい何が起こっているのか?
    報道では絶対にわからない「難民危機」の本質をあぶり出す。
  • 中島みゆき全歌集 2004-2015
    著者名:中島みゆき
    出版社:朝日新聞出版