制作実績

WORKS
  • asta* 2017年2月号
    著者名:蛭田亜紗子、藤谷治、深水黎一郎 ほか、装画:牡丹靖佳
    出版社:ポプラ社
  • 犬がくれた「ありがとう」の涙
    著者名:篠原淳美
    出版社:文庫ぎんが堂
    人に傷つけられた犬たちが、再び人を信じ、愛される幸せを手にいれるまでを描く感動のノンフィクション。
  • マイナス金利時代のありえない「戸建て賃貸投資術」
    著者名:新谷准司
    出版社:徳間書店
    サラリーマンでもOLでも高齢者でも、誰でも戸建て賃貸投資ができるように、とてもわかりやすく書かれています。
  • 残業税
    著者名:小前 亮、装画:杉田比呂美
    出版社:光文社
    残業をすれば会社も従業員も税金をとられるという「残業税」が導入された。
    しかし、脱税を試みる手合いは跡を絶たないー…。
    納税者必読、感涙必至の連作ミステリー!
  • 律儀なひと
    著者名:上生ミカ、装画:イシヤマアズサ
    出版社:徳間書店
    あの世に旅立つための四十九日間、祖母(の魂)と青年の不思議な日々。
    明日も元気になるハートフル小説。
  • 新・明解C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造
    著者名:柴田望洋
    出版社:SBクリエイティブ
  • 宇宙138憶年の謎を楽しむ本
    著者名:佐藤勝彦、装画:大塚砂織
    出版社:PHP研究所
  • そのときまでの守護神
    著者名:日野草、装画:Keita Morimoto
    出版社:徳間書店
    上野の美術館の前庭にある彫刻≪地獄の門≫の前で、水曜日十一時に頼みたい仕事の内容を話すと“泥棒の守護神"が現れるという奇妙な噂が…。
  • みんなの少年探偵団 全員少年探偵団
    著者名:藤谷治、装画:榊原一樹
    出版社:ポプラ社
    東京中が濃い霧に覆われたある午後、少年に近寄る黒い影。
    現れたのは怪しいこうもりのような灰色の紳士だった。
    少年に迫る魔の手、呪われた首飾りの謎…。
    ハラハラワクワクの現代版・少年探偵団。
  • 2020年、人工知能は車を運転するのか ~自動運転の現在・過去・未来~
    著者名:西村直人、装画:田中寛崇
    出版社:インプレス
    各業界を牽引するエキスパートが自動運転×人工知能の現在と未来を語る。
  • 棟居刑事の殺人の隙間
    著者名:森村誠一
    出版社:中央公論新社
    新聞記者の不審死についての調査依頼が舞い込み、調べるうちに元勤務先と次期総理大臣候補の癒着に気づく。
    政財界を揺るがす闇に迫れるか!
  • 小説幻冬 2017年 1月号
    著者名:有川浩 ほか
    出版社:幻冬舎
  • もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら
    著者名:蒼月海里、装画:鈴木次郎
    出版社:幻冬舎
    人間のストレスが生み出す魔物で新宿駅はダンジョン化!?
    ヘタリーマン男子と毒舌イケメン剣士が繰り広げる脱力系ミステリー。
  • 激闘太平洋1942 Ⅱ
    著者名:中岡潤一郎、装画:上田信
    出版社:電波社
  • 本所おけら長屋 三
    著者名:畠山健二、装画:三木謙次
    出版社:PHP研究所
  • 本所おけら長屋 二
    著者名:畠山健二、装画:三木謙次
    出版社:PHP研究所
  • 本所おけら長屋 一
    著者名:畠山健二、装画:三木謙次
    出版社:PHP研究所
  • 赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました
    著者名:森田季節、装画:ぼに〜
    出版社:徳間書店
    いわゆるへたれの高校二年生、島津時介。
    ある日の授業中クラスごと異世界に転移されてしまい・・・。