制作実績

WORKS
  • あやかし双子のお医者さん五 幽霊と邂逅の半身
    著者名:椎名蓮月、装画:新井テル子
    出版社:KADOKAWA
    あやかしのお医者さんである双子・晴と嵐と、弟子の莉莉。
    彼女は双子とともに傷ついたあやかしを癒す中で、全てのあやかしを消そうとする術者・吉野と対峙する。
    彼こそが、晴が長年捜し、止めようとしていた相手だった。
    吉野は、あやかしのために命を落とした相棒・九重の死に強い嘆きを抱いていた。
    莉莉は彼を止める鍵となる幽霊と出会い、吉野があやかしへの”呪い”を街にまき散らそうとしていると知る。
    双子とともに吉野を見つけ出すが、止めようとした莉莉の身に危険が及びーー。
  • 代体
    著者名:山田宗樹、イラスト:中田春彌
    出版社:KADOKAWA
    体が意識を取り出す技術が確立された日本。取り出した意識を一時的に宿らせることができる人造の人体は「代体」と呼ばれ、急速に普及しつつあった。そんな中、代体を使用中に失踪した男が、無残な姿で発見される。意識はどこへ消えたのか?空となった汚れた代体が、代体メーカー営業マン・八田輝明を、利権と思惑が絡み合う狂気の渦に巻き込んでゆく。行き過ぎた科学が倫理を侵食する世界を描く衝撃の近未来サスペンス。
  • ため息に溺れる
    著者名:石川智健
    出版社:中央公論新社
    「ため息に溺れてしまいました。」
    立川市の蔵元医院で養子である蔵元指月の遺体が発見された。
    遺書の存在から警察は自殺と判断。
    だが女刑事・羽木薫の捜査で見えてきたのは、蔵元家の持つ権力や莫大な財産をめぐる闇。
    そして指月が胸に秘めた悲しい過去の記憶だった。
    誰からも愛された医師の死に隠された、驚愕の真実とは…。
  • 棟居刑事の追跡 新装版
    著者名:森村誠一
    出版社:中央公論新社
    望遠鏡で近隣の生活を覗き見する趣味を持つ老女・田島あぐ。ある晩、隣のマンションの屋上で一組の男女が争っている光景を目撃し、翌日、その女性が屋上から墜落死したことを知る。直前の様子を見てしまった自覚はあるものの、覗き見の罪悪感から警察に駆け込めないあぐだった。第二、第三の惨劇も起こり、棟居刑事が動き出す!
  • うちのご近所さん
    著者名:群ようこ、装画:伊野孝行
    出版社:KADOKAWA
    「もういやだ、家を出よう」。
    両親がコーヒーを音を立ててすすったり、目の前で着替えたりするたびにそう思うマサミ。
    就職をし、家が揉め、両親の体調が悪くなり、そうこうするうち四十路を迎え、実家に居着いてしまった。
    ご近所のレレレのおばさんことヤマカワさん、お腹のせり出したギンジロウさん、四角顔のオサムくん。
    気付いたら奇天烈な人ばかり……。一つの家族とそのご近所さんの30年をユーモラスに描く、連作短篇集。
  • 小説幻冬 3月号
    著者名:朝井リョウ、澤村伊智 ほか
    出版社:幻冬舎
    【小説】
    朝井リョウ『どうしても生きてる』
    澤村伊智『怖がらせ屋』
    万城目学『ヒトコブラクダ層ぜっと』
    住野よる『麦本三歩は君が好き』

    ほか

    【エッセイ】
    二宮敦人『世にも美しき数学者たちの日常』
    群ようこ『この先には、何がある?』
    中谷美紀『文はやりたし』

    ほか

    他 評論、コミック、インタビューなど。
  • 情熱をお金に変える方法
    著者名:ますだたくお
    出版社:すばる舎
    金儲けに必要なのはヤル気と行動、そして燃えたぎる欲望だ!

    今すぐ働け、今すぐ稼げ!
    あなたの貧乏は必ず治る!

    7年間で転職41回、借金2200万円!
    僕が暗黒時代を乗り越えた驚くべき方法
  • asta* 2018年4月号
    著者名:松尾由美、須賀しのぶ ほか 、装画:牡丹靖佳
    出版社:ポプラ社

  • 君と夏が、鉄塔の上
    著者名:賽助、イラスト:栄太
    出版社:ディスカヴァー・トゥエンティーワン
    鉄塔の上に、男の子が座ってる―――

    鉄塔マニアの地味な伊達は中学校最後の夏休みを、一人でダラダラ過ごしていた。しかし登校日の学校で、破天荒な同級生、帆月から「鉄塔の上に男の子が座っている」と声をかけられる。次の日から、幽霊が見えると噂される比奈山も巻き込み、鉄塔の上に座るという男の子の謎を解き明かそうとするのだが―――。
    少年たちが殻を破り、自らの一歩を踏み出そうとした夏休みを、この上なく鮮やかに、そして爽やかに描ききった、青春小説の名作。

    書き下ろし短編、『まだ幽かな冬』も収録。
  • プランナーズ!あなたのお悩み解決します
    著者名:梨沙、装画:加藤木麻莉
    出版社:KADOKAWA
    就職活動61社目にして、ようやく雛子が受かったのは「プランナーズ」というマーケティング会社。
    商品開発、孫へのサプライズから男女の別れ話まで、何でもアイディアを売る奇妙な会社だった。
    研修期間を終え、自分がメインで案件を担当することになった雛子は、強面な先輩や広告代理店の男性社員に助けられつつ昔ながらの蔵元の顧客開拓に挑むことに──。
    はたして依頼を成功させる「秘策」を見つけることができるのか!?
  • 小説幻冬 2018年2月号
    著者名:南杏子 ほか
    出版社:小説幻冬
    【小説】
    中山七里『毒島刑事最後の事件』
    万城目学『ヒトコブラクダ層ぜっと』
    矢月秀作『ESP』
    川上弘美『某』

    ほか

    【エッセイ】
    中谷美紀『文はやりたし』
    赤江珠緒『赤江珠緒、42歳で母になる。』
    二宮敦人『世にも美しき数学者たちの日常』

    ほか

    【評論】
    安倍龍太郎『歴史の真相』
    井上章一『結局、日本人とは何なのか?』
    片山杜秀『平成という時代』

    ほか

    そのほか評伝、インタビュー、コミックなど
  • 遠い国からきた少年
    著者名:樋口有介、装画:おとないちあき
    出版社:中央公論新社
    法律事務所で調査員として働く風町サエは、服役経験のあるシングルマザー。
    今回の依頼者は、アイドル候補生が店員の安売りピザ店で大儲けをした男。
    自殺した少女の両親から要求された一億二千万円の賠償金を減額させたいという。
    調査を進めるうち、ある人の過去にも迫っていくことになったサエは──。
  • イカロスの彷徨
    著者名:島崎佑貴
    出版社:中央公論新社
    都内路上で、筆舌に尽くしがたい残酷な拷問を受けた男性の死体が発見された。
    直ちに捜査本部が設置され、迷宮入り事件を担当していた小々森たち捜査一課特命捜査対策室四係にも、捜査への応援命令が下る。
    同じ頃、繁華街で新型覚醒剤が大量に出回っていると噂になっていた。
    一見、無関係と思われた二つの事件には意外な接点が!?

    文庫書き下ろし。
  • ただいま家事見習い中 ハウスワーク代行・亜美の日記
    著者名:鯨統一郎、イラスト:知子
    出版社:中央公論新社
    大学生の樋口亜美は、ひょんなことから家事代行会社でアルバイトをすることに。初仕事は犬の散歩。当日、遅刻をしてしまう亜美だが、誠実な人柄から依頼主の信頼を勝ち取り事なきを得る。しかし後日、亜美が散歩させた犬が近所の子供に嚙み付いたと苦情が寄せられ―――。派遣先で起こるトラブルに、亜美の鋭い勘が冴えわたる!
  • ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで
    著者名:真梨幸子
    出版社:幻冬舎
    美味しいものが食べたい
    きれいな服を着たい
    きれいになりたい
    恋をしたい
    子供がほしい
    子供を立派に育てたい
    金儲けしたい
    もてたい
    浮気がばれないようにしたい
    家がほしい
    幸せになりたい
    いい暮らしがしたい
    死にたくない。

    私利私欲の百貨店へいらっしゃいませ。

    欲あるところに極上ミステリあり。
  • 再生医療とリハビリテーション
    著者名:再生医療とリハビリテーション研究会 編、装画:西口司郎
    出版社:三輪書店
    再生医療 + リハビリテーション = 完治の未来へ !

    再生医療の発展により、これまで困難と考えられてきた疾患の治療が可能となってきた。
    当初、再生医療は、後遺症や障害を残さない根治療法を目指した新規治療法と考えられていたが、臨床試験が進むにつれ、細胞治療後のリハビリテーションの重要性が示されるようになってきた。
    再生医療によって機能障害は改善されるため、既存のリハビリテーションにおける障害の定義付け・ゴール設定が再考され、臨床現場が大きく変わることが予想されている。

    完治を目指した展開を見据え、再生医療、リハ医学、ロボット工学、脳科学を融合させた知識の普及を図る第一歩となる1冊。
  • 面倒くさがり屋の僕が3ヶ月で英語を話せるようになった唯一無二の方法
    著者名:須藤元気
    出版社:幻冬舎
    「やらないこと」を明確にし、「やるべきこと」を何度も繰り返すことで最大の効果を得る。

    僕は格闘家だったので、常に「実践」を意識しているところがあります。
    この本では、英語がほとんど話せなかった僕が、日常会話で困ることがないレベルの英語力を身につけた戦略と思考法を書こうと思います。
  • 悪漢記者
    著者名:安達瑶
    出版社:光文社
    週刊誌の編集部で働いていた佐久間はある記事が原因で他部署に異動になった。三年ぶりに編集部に戻る前日、ネタ元の全国紙記者と会っているところを暴力団員に襲われた佐久間は、そのネタを手土産に復帰する。若い女性の連続殺人事件と自分が編集部に追われることになった記事はどうつながるのか!?かつて「バズーカ」と業界で恐れられた男は真実に迫れるのか―――。