制作実績

WORKS
  • ゆら心霊相談所 座敷わらしを連れ戻せ
    著者名:九条菜月、装画:烏羽 雨
    出版社:中央公論新社
    高価な調度品が割れ、蔵の壁が従業員の上に崩れ落ち――
    老舗旅館を襲う怪事。その原因は座敷わらしがいなくなったこと!?
    「視えちゃう」高校生・秋都尊と「聴こえちゃう」変人所長・由良蒼一郎のコンビが、小さなお悩みから殺人事件まで、心霊関係のご相談に応じます!
    ますます好評のほんわかホラーミステリー第4弾。
  • 徹底図解 IoTビジネスがよくわかる本
    著者名:株式会社富士通総研 細井和宏、池田義幸、佐々木哲也、黒木昭博、菊本徹、小田和樹
    出版社:SBクリエイティブ
    IoTビジネスの基礎から応用編まで徹底図解でよくわかる1冊
  • 小説推理 7月号
    出版社:双葉社
    国内唯一の国産ミステリー専門誌です。
  • 出張料亭おりおり堂―ほろにが鮎と恋の刺客―
    著者名:安田依央、装画:八つ森佳
    出版社:中央公論新社
    見た目も腕も抜群の料理人・橘仁から、訪問先で料理を提供する「出張料亭」の助手に誘われた山田澄香。
    仕事も結婚もこれで安泰と働き始めたが、仁との距離は縮まらぬまま。
    そこへある日、可憐な娘が現れ仁の胸に飛び込んだ――!?
    ライバルの出現、そして澄香の知らない仁の過去。
    早くも波乱のおいしいラブコメ第二弾!
  • おふるなボクたち
    著者名:中島たい子、装画:杉田ヒロミ
    出版社:光文社
    「古いもの」が好きなケンは古代遺物の『レコード』が奏でる魅惑的な調べに聴き入る毎日を送っていた。
    そんな彼が恋をしたのはジャケット写真の中で微笑む女性。
    「彼女に会いたいんだ」
    大それた願いは思いがけぬ出来事を招き…。(「ボクはニセモノ」)
    中古品やおさがり、古いものに宿る思いが巻き起こす物語を、ユーモアとシニカルで包み込んだすこし不思議な短編集。

  • さよなら僕らのスツールハウス
    著者名:岡崎琢磨、装画:くっか
    出版社:KADOKAWA
    関東某所、切り立った川岸に建つシェアハウス「スツールハウス」。
    若者たちがひととき、腰かけるように住み、旅立っていく場所。
    新築時からの住人で、「スツールハウスの主」と呼ばれる女性、鶴屋素子。
    彼女がいた様々な時期に、ハウスのいろんな場所で生まれた、様々な謎。
    それらが解かれとき、彼女の衝撃の秘密が明かされる――。

    「戻りたいあの頃」があるあなたへ贈りたい、胸がぎゅっと切なくなる青春ミステリ。
  • リボルバー・リリー
    著者名:長浦京
    出版社:講談社
    かつて「最も排除すべき日本人」と呼ばれた諜報員の百合は、消えた陸軍資金の鍵を握る少年との出会いをきっかけに再び戦場へと還る。
    関東大震災後の東京を生き抜く先に、安息の地は待っているのか!
  • バベル九朔
    著者名:万城目学、写真:小林川ペイジ
    出版社:KADOKAWA
    作家志望の「夢」を抱きながら祖父が遺した雑居ビル「バベル九朔」で管理人をしている俺。
    業務をこなしていたある日、
    全身黒ずくめの「カラス女」が現れ、俺に問うてきた。

    「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」

    巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――
    心が安まる暇もない俺がうっかり触れた1枚の絵。
    その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。
    そこで出会った見知らぬ少女から「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは、雲をも貫く、巨大な塔だった。
  • 京都西陣なごみ植物店「紫式部の白いバラ」の謎
    著者名:仲町六絵、装画:ふすい
    出版社:PHP研究所
    逆さまに咲くチューリップはありますか?
    蛍が集まる草は?源氏物語に描かれた薔薇の秘密って?
    植物にまつわる謎と京都の風物詩が絡み合う優しいミステリー。文庫書きおろし!
  • プロパガンダゲーム
    著者名:根本 聡一郎
    出版社:双葉社
    「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」
    大手広告代理店「電央堂」の就職試験を勝ちあがった大学生8名。
    彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の
    国民を戦争に導けるかどうかを競うゲームだった。勝敗の行方やいかに、
    そしてこの最終選考の真の目的とは?――先の読めないゲーム展開と衝撃のラストが、
    宣伝広告の本質、ネット社会における民主主義とはなにかを読者に問いかける。
    アマゾン電子書籍の人気作を大幅改稿した完全版!
  • みつばの郵便屋さん 幸せの公園
    著者名:小野寺史宜、装画:pon-marsh
    出版社:ポプラ社
    少し宛名が違っていても届けられれば届けたい。
    でも、さすがにこれは……宛先も差出人も不明のハガキ。
    だが、チラッと見えた文面に「思い」を察してしまった秋宏は、かすかな手掛かりをもとに謎の受取人を探し始める。
    心優しいポストマンが繰り広げる小さな奇蹟の物語。
  • 愛される資格
    著者名:樋口毅宏、装画:石井みつこ
    出版社:小学館
    大手文具メーカー「あねちけ」に勤める平凡なサラリーマン・富岡兼吾。
    彼は普段から自分に厳しい上司の下永に不満を持っていた。
    ある日、酒に酔った下永を家まで送ることになった兼吾は、下永の妻・秀子と出会う。
    そのとき、兼吾の心にある復讐の企みが芽生えたのだった――。
    過激で大胆かつ繊細な性描写と心理描写が導く衝撃の結末。
    単行本発売時、「樋口毅宏の最高傑作」と評された長編小説が待望の文庫化!
  • スイングアウト・ブラザーズ
    著者名:石田衣良、装画:伊野孝行
    出版社:KADOKAWA
    デブの営業マンと薄毛の銀行員、オタクのゲームプログラマー、大学時代から腐れ縁の男3人は33歳の春、揃って彼女に手ひどく振られた。
    そんな傷心の空振りトリオの前に現れた大学時代の憧れの先輩・美紗子は、3人を教育して魅力あるモテ男に変身させるという。
    果たしてこの遠大な計画の行方は――!?
    ルックス、ファッション、教養、コミュ力……ふりかかる難題の数々。
    笑って泣けるTIPS満載のモテ奮闘記!
  • 社会保障クライシス2025年問題の衝撃
    著者名:山田謙次
    出版社:東洋経済新報社
    2025年、団塊世代が後期高齢者となり、国を支える40代は氷河期世代になる。
    8年後の日本が直面する危機を専門家が解説!
  • 武者始め
    著者名:宮本昌孝、装画:永井秀樹
    出版社:祥伝社
    出っ歯の空きっ歯で極端な縮れ毛――。
    上杉家当主・景勝の前に現れた真田家の人質・弁丸(後の幸村)は大変な醜男であった。
    そのうえ、美男の兄・源三郎(後の信之)では気に入らないだろうと言い放つ。
    景勝と跡目を争った義兄弟・三郎景虎が美男で名高かったからだ。
    手討ちになるかと思いきや、その明るい人柄で気難しい景勝に気に入られる。
    秀吉の出陣命令にも、時勢を読んだ的確な助言をし、武将としての厚い信頼も得る。
    上杉家中での存在感を増していく中、弁丸は父の名代として秀吉に謁見することになるが……。

    真田幸村を描いた「ぶさいく弁丸」他、北条早雲、武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら、
    天下に名を轟かせた七武将の知られざる”初陣”を鮮やかに描く!
  • ゼロデイ 
    著者名:福田和代
    出版社:幻冬舎
    警視庁の犯罪情報管理システムが、何者かに破壊される。
    さらに、同一犯らしき人物から大手企業幹部たちに脅迫状が届く。
    姿見せぬ犯人に捜査が混乱する中、公安部の寒川警部補は新米エリート刑事の丹野と組むことに。
    自らの足と勘に頼る寒川の操作方法に、反発する丹野だったが……。
    世代もキャリアも異なる二人が、巨悪に挑む緊迫のミステリー。
  • 新!江戸の用心棒
    著者名:佐々木裕一、装画:サイトウユウスケ
    出版社:朝日新聞出版
    老中だった父の横死に絡む御家騒動のため、公儀に病死と届けられ、居場所を失った大垣沖信。
    彼は、月島真十郎と名を改め、用心棒稼業に身をやつすが、やがて幕府内に蠢く悪事に単身斬り込んでいく!
    父の復讐に燃える真十郎の剣が私腹を肥やす悪を薙ぐ、書き下ろし新シリーズ。
  • サムライ・ダイアリー
    著者名:天野純希、装画:ヤマモトマサアキ
    出版社:幻冬舎
    元禄の世の風俗や世情を記した日記『鸚鵡籠中記』で知られる尾張の御畳奉行・朝日文左衛門の素顔は、ひそかに私事を書き留めた「秘本」の中にあった――。
    酒好きで、女好きで、噂話好き。
    武士としての志を立てるも、怠け者ゆえに、時に欲に溺れ、時に修羅場も経験するダメ男。
    あまりに無器用だけれども、どこか愛さずにはいられない男の一代記。