制作実績

WORKS
  • 敬天愛人の経営
    著者名:明石恒重
    出版社:PHP研究所
    51年間1期を除き黒字を続けてきた経営観。日本石材センター㈱名誉会長、明石恒重氏の綴る「論語」に学び「敬天愛人」の教え。経営者の方にはきっと参考になることが満載の1冊です。
  • 時をかける社畜
    著者名:灰音憲二、装画:はしゃ
    出版社:富士見L文庫
    三十路手前の恵太はブラック企業に勤める会社員。
    濁りきった目でルーチンをこなす、曜日の区別もつかない毎日を送る。
    今日も上司に叱られて、顧客には責められた。
    昨日も似たような一日で、一昨日も……もしかして明日も?
    そして恵太は気づいてしまう。
    本当に平日がループしていることに。
    このままでは永遠に休日が来ないことに!
    終わらない仕事に恵太が絶望したその時、かつて激務の末に命を落としたはずの、頼れる同僚の真士が現れて――。
    読んだ後スカッとできてグッとくる。今日を働く人のための物語。
  • 逆流 越境捜査
    著者名:笹本稜平
    出版社:双葉社
    警視庁捜査一課特務捜査二係の鷺沼は、十年前の死体遺棄事件を追っている最中、自宅マンションの外階段で刺された。
    一命を取り留めた鷺沼に、神奈川県警の宮野が、十二年前に起きた不可解な殺人事件の概要を告げる。
    新たな仲間とともに捜査を始める鷺沼と宮野。
    やがて捜査線上にある人物が浮かぶが――。
    真実のため、組織と犯罪に戦いを挑む刑事たちの熱い姿を描いた「越境捜査」シリーズの第4弾。
    この巨悪、容易には斃れない……。
  • フラワード 弔い専花、お届けします。
    著者名:百舌涼一、装画:ふすい
    出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
    広尾の街の片隅に、花に「言霊」を込める不思議な花屋がある。

    大好きな祖母と、大嫌いな母を亡くした継実は、無口すぎてどこでも働けず、生活に困っていた。
    そんなある日、喋らなくても会話ができる”自称魔女”の琴花たま子に出会う。
    彼女が店主の花屋でアルバイトを始めた継実だが、そこはただの花屋ではなく、「葬式専門」の花屋。
    しかも、花言葉を「言霊」として込めた特別な花を届ける、花言霊屋だった。
  • 少女A
    著者名:新堂冬樹
    出版社:祥伝社
    女優になる――
    幼いころからの夢を抱いて上京した少女・花崎小雪は、大手芸能プロのオーディションでけんもほろろにあしらわれ、プライドを引き裂かれた。
    失意の底に沈んだ小雪が縋ったのは、偶然声をかけてきた街頭スカウトの井出。
    しかし、井出に連れていかれたのはアダルトビデオの現場だった!
    決して誇りを失わず、トップAV女優として君臨した女の愛と信念の物語。
  • だがしょ屋ペーパーブック物語
    著者名:竹内真、装画:大矢正和
    出版社:大和書房
    平台には駄菓子、壁の棚にはずらりと古い文庫本。
    「駄菓子屋と古書店で『だがしょ屋』?」
    僕だがしょ屋店主のヤマトさんを初めて見かけたのは、ホストクラブをクビになり、無職になってしまったその日のことだった――
    ダンプカーに立ち向かうほど喧嘩っ早いのに、近隣の誰からも慕われている老夫婦と出会った脚本家志望の祥介と女優の卵の鈴は、小さな事件やトラブルにとまどい落ち込みながらも、ヤマトさんの毒舌と駄菓子と本にいつの間にか背中を押されて…。
    カッコよくて爽やかで心が自然と前を向く、ブック+お菓子ミステリー!
  • 異世界コンサル株式会社
    著者名:ダイスケ、装画:弘司
    出版社:幻冬舎
    通勤途中に突然異世界に移転した、経営コンサルタントのケンジ。特にチートもなく、魔術も使えないケンジは、膝のケガをきっかけに、所属していた冒険者パーティーをクビになってしまう。
    冒険者から「冒険者サポート業」への転職を決意したケンジは、赤毛の弓兵・サラをアシスタントに加え、元経営コンサルタントのハウツーを生かして、周りのパーティーの問題を次々と解決し、頭角を現していく。
    やがてケンジは、腕利きで鳴らすトップクラン「剣牙の兵団」と組んで、ある事業に乗り出すのだが――。

  • 実践図解 成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームの作り方
    著者名:小山昇
    出版社:宝島社
  • 不思議の国のサロメ 第九号棟の仲間たち
    著者名:赤川次郎、装画:旭ハジメ
    出版社:徳間書店
    母親が愛人の首を切り落とした現場を目撃してしまった今村まどか。十四歳の少女の心のケアのため、ホームズたちがいる”第九号棟”へ入院することになった。
    ところが入院したその日、看護人が同じように首を切り落とされ殺害されてしまう。
    自分を”サロメ”だと思い込んだまどかの犯行なのか?
    病院から失踪したまどかを追って、ルパンやダルタニアンたちは調査を進める!
  • マンガでわかる人工知能
    著者名:藤木俊明、作画:山田みらい
    出版社:インプレス
  • ナースコール!こちら蓮田市リハビリテーション病院
    著者名:川上途行、装画:大庭賢哉
    出版社:ポプラ社
    埼玉県のリハビリテーション病院で働く玲子はやる気に欠ける看護師2年目。
    新しく赴任してきた若い医師・小塚太一に、「リハビリってどんな意味?」と問いかけられて答えられず――。
    医師と療法士と看護師と患者、チーム医療の中で成長していく玲子。
    爽やかで新しい医療小説。
  • 獅子の鉄槌 2
    著者名:原俊雄、装画:渡邉文也
    出版社:電波社
    「タモン・ヤマグチ、恐るべし!」――中部太平洋艦隊司令官に就任したスプルーアンス中将は、山本五十六連合艦隊司令長官の女房役に戦慄した。
    戦艦「大和」「武蔵」の四六センチ砲でソロモン海戦を戦い、その勝利を見届けた山口参謀長が、米豪遮断作戦の堅持を隠れ蓑とし、照準をハワイに定めてきたからである。
    が、迎え撃つアメリカも、六隻の高速空母を竣工させ、戦艦五隻を有する第五二任務部隊を派遣、上陸船団の攻撃に向かう。
    山口多聞VSスプルーアンスの知恵比べは、どちらに軍配が上がるのか。
    再度、両巨大戦艦が出撃する「ハワイ沖海戦」――ついに、日米の国の後世を賭けた決戦を生起する!
  • ジブリアニメで哲学する
    著者名:小川仁志、装画:宇一
    出版社:PHP研究所
  • asta* 2017年7月号
    著者名:彩瀬まる、寺地はるな、藤谷治 ほか、装画:牡丹靖佳
    出版社:ポプラ社
  • ゆら心霊相談所3 火の玉寺のファントム
    著者名:九条菜月、装画:烏羽雨
    出版社:中央公論新社
    所長の首についた黒い手形の謎とは?その首に刻まれた秘密をつきとめ、恩人を救うことができるのか?ほんわかミステリー第3弾!
  • 小説幻冬 2017年 6月号
    著者名:小川糸 ほか
    出版社:幻冬舎
    雨が降る日に読書はいかが?

    【小説】
    「キラキラ共和国 ツバキ文具店」小川糸
    「福寿草」髙田郁
    「某」川上弘美
    「たゆたえども沈まず Fluctuat nec mergitur」原田マハ
    「神」中村文則
    「ディレクターズ・カット」歌野晶午
    「凍てつく太陽」葉真中顕
    「隠らずの月」澤田瞳子
    「鬼の血統」天野純希
    「殺生伝 封魔の鎚」神永学
    「僕の種の問題」鈴木おさむ
    「黄金のホルスタイン」増田俊也
    「おゆうぎの部屋」能町みね子
    「身代わり忠臣蔵」土橋章宏

    【エッセイ】
    「ザーサイがでかい」又吉直樹
    「文はやりたし」中谷美紀
    「体が教えてくれる生きる智恵」曽野綾子
    「結局、日本人とは何なのか?」井上章一
    「紺色のカラス」ブラックマヨネーズ吉田敬
    「酒をやめると人間はどうなるか。或る作家の場合」町田康
    「ペネロペちゃん」角幡唯介
    「この先には、何がある?」郡ようこ

    【創作】
    「こばなしけんたろう」小林賢太郎

    【コミック】
    「はととうーじろ」きびちゅー

    その他 インタビューなど掲載
  • 人見知りアナウンサーに学ぶドキドキに負けない話し方
    著者名:樋田かおり
    出版社:文響社
  • 今すぐ使える受験勉強ガイド
    出版社:進研アド