特集記事

FEATURE

ドラマティックな光あふれる表現と、隅々まで描き込まれた背景が魅力のふすいさん。装画でもますますの活躍が期待されています。

-今回の3作品のそれぞれの製作時間を教えてください
 
雲のイラストはラフは約半日、線画(人物)は約2、3時間、塗りは約1日、加工、最終仕上げは半日になります。
喫茶店のイラストは、ラフは約1日〜1日半、線画(人物/背景)は約1日〜1日半、塗りは約2日、加工、最終仕上げは半日になります。
紅葉のイラストは、ラフは約1日、線画(人物/背景)は約1日、塗りは約2〜3日、加工、最終仕上げは1日になります。
 
-今回の絵のポイントを教えてください
 
・空間を演出し、全体的に落ち着いた雰囲気を出しているところだと思います。
・彩度を高くしすぎず、低すぎず、癒されるような色味になるようにバランスを気をつけました。
・デジタルなのに、どこかアナログで描いたようなタッチにしております。
上記3点が絵のポイントになります。 また、展示している作品は個人制作になりますが、個人制作でも装丁を意識して描いていることが多いです。 どこにタイトルや著者の名前が入り、帯の高さはこれくらいかと考えながら制作しております。 なので、装丁を意識しているというのも絵のポイントに入っているかと思います。
 
-得意なジャンル、あなたの絵の『売り』は何ですか?
 
得意なジャンルは人物ですと男性、風景は自然な景色です。
装画ですと「青春/お仕事/ミステリー」です。
私の絵の『売り』は癒されるような絵のタッチ、風景だと感じていますが、 人物だけでなく、風景にも心理描写を入れ、叙情的な風景描写だと思います。
特に装画は本のイメージを左右されますので、色味や彩度の具合、光の演出などによって その情景には切なさなのか、楽しさなのかなどかなり変わり、さまざまな感情、表情が出てきます。
これが私の絵の『売り』なんだと感じております。
-やってみたい仕事やジャンルがあれば教えてください
 
やってみたい仕事は引き続き装画や挿絵ですが、ここ最近では絵本のお仕事もやってみたい気持ちがあります。
今後装画でやってみたいジャンルは「あやかし」や「スポーツ系」「喫茶店」です。
 
-その仕事をしてみたい理由を教えてください。
ここ近年ありがたいことに装画のご依頼をいただく機会が増えてきて、ふと自身の絵で絵本を描いたらどうなるんだろうと思い、 お話を作ってみたい気持ちがだんだんと出てきました。明確な物語はできてないですが、機会があれば是非やってみたいです。
装画は現在さまざまなジャンルを携わらせていただいておりますが、「あやかし」や「スポーツ系」「喫茶店」系のジャンルの 装画のお仕事はまだ経験がないので、やってみたい気持ちがあります。
ですが上記ジャンルだけでなく、いろんなジャンルを携わってみたいです。
ふすいweb site

 

 

bookwallで手掛けたふすいさん装画の作品はコチラ