制作実績

WORKS
  • 弱虫日記
    著者名:足立紳
    出版社:講談社
    俺は自分が嫌いだ。
    ズルい自分を変えようと決めたそばから、イジメを見て見ぬふりするような弱虫だから。
    俺に本当の仲間はいるのか?
    誰が自分を信じてくれるだろう。
    ままならない家庭の事情やシビアな友人関係に翻弄されながら、
    生きる上で大切なものを手にしようともがく少年の、葛藤と前進を描いた感動作。
  • ライオンは仔猫に夢中~平塚おんな探偵の事件簿3~
    著者名:東川篤哉、装画:あき
    出版社:祥伝社
    転落死した社長令嬢の部屋から赤いハイヒールが消えたのはなぜ?
    海の家で出会った女性をイケメン英会話講師が捜すわけとは?
    絶対に負けられない、プライドを懸けた“謎解き”がいま始まる!

    愛と推理とガールズトークあふれる<生野エルザ探偵事務所>は、今日もなんとか(?)営業中!
  • 編集女子クライシス!
    著者名:白石まみ、装画:石山さやか
    出版社:大和書房
    念願かなって27歳で中途入社した出版社で、喜びも束の間、
    ”あそこは特殊”と噂の男性誌「ANDO」編集部に配属になった文香。
    いきなり振られたのはAV女優のインタビューに添い寝クラブの体験記事。
    雑用の嵐をかいくぐって出かけた取材先では先輩のいやがらせ!?
    「もう自信ないよ…やっていけるの?私…」
    編集長の不穏な行動、特ダネ合戦の意外な結末、謎のゲリラメール━
    アワアワで半泣きの日々の中に文香の居場所と幸せは見つかるのか!?
    勇気と元気とやる気がもらえる、一気読みお仕事ノベル!
  • 孤軍 越境捜査
    著者名:笹本稜平
    出版社:双葉社
    殺害された老人宅から現金が消えた。
    その額、なんと8億円…。
    管轄、権限、法律、意地、誇り……。
    様々な壁を”越境”し、徹底して巨悪を追い詰める警察小説シリーズ最新刊!
  • 読売屋お吉 甘味とぉんと帖
    著者名:五十嵐佳子、装画:加藤木麻莉
    出版社:祥伝社
    女手ひとつで妹弟を育てた甘味好きのお吉はひょんなことから読売書き見習いに。
    健気なお吉とほっこり甘い菓子が、心をときほぐす人情帖開幕。
  • 帝国海軍イージス戦隊1
    著者名:林譲治、装画:渡邉文也
    出版社:電波社
    昭和16年、日米の建艦競争が激しくなる中、海軍は八五〇〇トン級軽巡洋艦の新造を決定した。
    基盤となる船体をすべて共通化することで重巡にも使用でき、さらに飛行甲板を施せば改造空母になるものだった。
    昭和17年5月から、久八式一五センチ砲「超速射砲」を装備した阿賀野型軽巡四隻が建造された。
    同年6月、ミッドウェー海戦で空母四隻を失った日本海軍は、防空艦として阿賀野型軽巡四隻による第一〇戦隊を編成したのだった。
    そうした中、米軍とのガダルカナル島の争奪戦が勃発。
    ラバウルを訪れていた阿賀野型軽巡四隻は、急ぎ第八艦隊を共に米軍部隊の撃滅に向かう…。
    初陣となる第一〇戦隊は、米海軍の攻撃を阻止できるのか!
  • もののふ莫迦
    著者名:中路啓太、装画:遠藤拓人
    出版社:中央公論新社
    本屋が選ぶ時代小説大賞2015万票で受賞!
    豊臣に故郷を踏みにじられた男が国境を渡って見せた本物の「もののふ道」とは?
  • 千の命
    著者名:植松三十里、装画:村上もとか
    出版社:小学館
    彦根藩士の子、賀川玄悦の生みの親は、おなかの子が出てこられずに亡くなってしまう。
    医者を志したが許されず、独力で鍼や按摩の技術を習得し京都に出る。
    ある日、お産で苦しむ隣人の女性を自らの技術で救った。
    その技術は評判となり、回生術と名付けた。

    その後、玄悦は、難産でひどい扱いをされている商家の妾・お糸を引き取った。
    次第にお糸に特別な感情を抱くようになる。
    三人の子供との関わりや妻のお信とお糸のことに悩みながらも、多くの命を救った。
    山脇東洋を始め、一流の医者たちからもその技術を認められた男。
    谷原章介さん絶賛の傑作小説、ついに文庫化。

  • ミッドナイト・サン
    著者名:沢村鐵、装画:浅野隆広
    出版社:双葉社
    市民楽団のヴァイオリニスト・宇田川匠は、同じ楽団の涌井朱音と懇意になり、ある夜、19世紀のメキシコで起きた「死者の日」の出来事を語り出した。
    それは人の精気と能力を奪い、永遠に生きる夜の種族(ナイトブリード)が人間の女に恋をするという信じがたい物語だった。
    現代の東京と19世紀のメキシコ――交錯する二つの物語の結末は、幸せか、破滅か……。
    ラスト30ページ、千年を超える愛が燃え上がる。大ヒット「クラン」シリーズ著者の新境地!
  • きっと嫌われてしまうのに
    著者名:松久淳+田中渉、装画:田中寛崇
    出版社:双葉社
    高校に入学してすぐ、充はユキちゃんにひとめぼれした。
    それまで遊び人だったのに、人が変わったように彼女を前にするとまともに話す事もできない。
    しかし周りからストーカー扱いされるほどの猛アタックの末、二人は付き合うことになった、
    ただ、充にはなんとなく気になっていることがあった。
    ふとした瞬間ユキちゃんは寂しそうな無気力なような表情を見せるのだ。
    その理由は、彼女が隠すある秘密にあった…。

    その秘密を知った時、世界は一転する。
  • ゆら心霊相談所 座敷わらしを連れ戻せ
    著者名:九条菜月、装画:烏羽 雨
    出版社:中央公論新社
    高価な調度品が割れ、蔵の壁が従業員の上に崩れ落ち――
    老舗旅館を襲う怪事。その原因は座敷わらしがいなくなったこと!?
    「視えちゃう」高校生・秋都尊と「聴こえちゃう」変人所長・由良蒼一郎のコンビが、小さなお悩みから殺人事件まで、心霊関係のご相談に応じます!
    ますます好評のほんわかホラーミステリー第4弾。
  • 出張料亭おりおり堂―ほろにが鮎と恋の刺客―
    著者名:安田依央、装画:八つ森佳
    出版社:中央公論新社
    見た目も腕も抜群の料理人・橘仁から、訪問先で料理を提供する「出張料亭」の助手に誘われた山田澄香。
    仕事も結婚もこれで安泰と働き始めたが、仁との距離は縮まらぬまま。
    そこへある日、可憐な娘が現れ仁の胸に飛び込んだ――!?
    ライバルの出現、そして澄香の知らない仁の過去。
    早くも波乱のおいしいラブコメ第二弾!
  • おふるなボクたち
    著者名:中島たい子、装画:杉田ヒロミ
    出版社:光文社
    「古いもの」が好きなケンは古代遺物の『レコード』が奏でる魅惑的な調べに聴き入る毎日を送っていた。
    そんな彼が恋をしたのはジャケット写真の中で微笑む女性。
    「彼女に会いたいんだ」
    大それた願いは思いがけぬ出来事を招き…。(「ボクはニセモノ」)
    中古品やおさがり、古いものに宿る思いが巻き起こす物語を、ユーモアとシニカルで包み込んだすこし不思議な短編集。

  • さよなら僕らのスツールハウス
    著者名:岡崎琢磨、装画:くっか
    出版社:KADOKAWA
    関東某所、切り立った川岸に建つシェアハウス「スツールハウス」。
    若者たちがひととき、腰かけるように住み、旅立っていく場所。
    新築時からの住人で、「スツールハウスの主」と呼ばれる女性、鶴屋素子。
    彼女がいた様々な時期に、ハウスのいろんな場所で生まれた、様々な謎。
    それらが解かれとき、彼女の衝撃の秘密が明かされる――。

    「戻りたいあの頃」があるあなたへ贈りたい、胸がぎゅっと切なくなる青春ミステリ。
  • リボルバー・リリー
    著者名:長浦京
    出版社:講談社
    かつて「最も排除すべき日本人」と呼ばれた諜報員の百合は、消えた陸軍資金の鍵を握る少年との出会いをきっかけに再び戦場へと還る。
    関東大震災後の東京を生き抜く先に、安息の地は待っているのか!
  • バベル九朔
    著者名:万城目学、写真:小林川ペイジ
    出版社:KADOKAWA
    作家志望の「夢」を抱きながら祖父が遺した雑居ビル「バベル九朔」で管理人をしている俺。
    業務をこなしていたある日、
    全身黒ずくめの「カラス女」が現れ、俺に問うてきた。

    「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」

    巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――
    心が安まる暇もない俺がうっかり触れた1枚の絵。
    その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。
    そこで出会った見知らぬ少女から「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは、雲をも貫く、巨大な塔だった。
  • 京都西陣なごみ植物店「紫式部の白いバラ」の謎
    著者名:仲町六絵、装画:ふすい
    出版社:PHP研究所
    逆さまに咲くチューリップはありますか?
    蛍が集まる草は?源氏物語に描かれた薔薇の秘密って?
    植物にまつわる謎と京都の風物詩が絡み合う優しいミステリー。文庫書きおろし!
  • プロパガンダゲーム
    著者名:根本 聡一郎
    出版社:双葉社
    「君たちには、この戦争を正しいと思わせてほしい。そのための手段は問わない」
    大手広告代理店「電央堂」の就職試験を勝ちあがった大学生8名。
    彼らに課された最終選考の課題は、宣伝によって仮想国家の
    国民を戦争に導けるかどうかを競うゲームだった。勝敗の行方やいかに、
    そしてこの最終選考の真の目的とは?――先の読めないゲーム展開と衝撃のラストが、
    宣伝広告の本質、ネット社会における民主主義とはなにかを読者に問いかける。
    アマゾン電子書籍の人気作を大幅改稿した完全版!