制作実績

WORKS
  • 平安あかしあやかし陰陽師 二 百鬼夜行の都に桜舞う
    著者名:遠藤遼、イラスト:沙月
    出版社:KADOKAWA
    平安陰陽師たちが畏れる男、賀茂光栄。年齢不詳の美青年であり、安倍晴明の師でもある。
    幼なじみの歌人・藤原為頼や晴明とともに、ひとたびは宮廷を覆う菅原道真の怨霊を鎮めてみせた。日常を取り戻したかに見えた都。しかし、平穏は”式部”と名乗る美女の訪問をきっかけに破られる。彼女は怨霊退治に一役買った為頼に、ある亡霊の相談に来たという。その背景には都をさすらう法師陰陽師の存在が見え隠れし・・・・・・?
    歴史に隠れた安倍晴明の師匠、光栄が、宮廷最大の危機に挑む平安秘伝第2幕、これより開宴――!
  • 出張料亭おりおり堂 夏の終わりのいなりずし
    著者名:安田依央、カバーイラスト:八つ森佳
    出版社:中央公論新社
    「必ず戻る」その言葉を残し、仁が京都へと旅立ってから一年半。彼を待ち続けた山田澄香はついに仁を探しに行くことを決意する。だが仁は京都ではなく大阪、それもなぜか大衆演劇一座の賄いを作っていた!? 澄香は仁を「おりおり堂」に連れ帰ることができるのか。謎の新キャラも登場しシリーズは新章突入へ。
  • 新選組 最後の勇士たち
    著者名:山本音也、カバーイラスト:深津真也
    出版社:小学館
    新選組元隊士・沢忠輔の長屋に、新選組最後の隊長・相馬主計が割腹自殺したという報が届けられる。遺言は夏帯に墨で書かれた「一ツ」。その一語だけだった―。相馬と沢、そして同じく隊士だった安富才助は、箱館五稜郭の戦いで土方歳三の最期を看取った。この激戦では、相馬と安富もそれぞれ腕と指を失ったものの、彼らは明治の世へと生き残る。流刑での島暮らしの中、思わぬ邂逅と避けがたい確執を経た相馬と安富。やがて彼らの人生は、「御一新」の荒波に翻弄されていく―。人の生き様、心の痛みを精緻に描ききった傑作時代長編。第10回舟橋聖一文学賞受賞作。
  • 1968 三億円事件
    著者名:日本推理作家協会
    出版社:幻冬舎
    1968年(昭和43年)12月10日、府中で起きた「三億円事件」。白バイ警官に扮した犯人は盗んだ三億円とともに永久に消えた。昭和を代表するこの完全犯罪事件に、人気のミステリー作家5人が挑んだ競作アンソロジー。事件に翻弄される者、助けられた者、模倣する者、犯人に恋する者――。事件を題材に描く5つの物語は、謎の真相に迫れるのか?
  • 6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む
    著者名:ジャン=ポール・ディディエローラン、翻訳:夏目 大
    出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
    パリ郊外の断裁工場で働くギレンは、大好きな本を”死”へと追いやる毎日にジレンマを抱えていた。生き延びたページを持ち帰っては翌朝の通勤電車で朗読して”往生”させるのが日課。心の拠り所は飼っている金魚だ。そんなある朝、ギレンはいつもの電車で、持ち主不明の日記を拾う。その日から彼の裕綱日々は少しずつ変わり始め――人生の悲哀と葛藤、希望を描いた、フランス発のベストセラー。
  • 能楽師の娘
    著者名:波多野聖、カバーイラスト:小林万季子
    出版社:KADOKAWA
    室町から続く能楽家に生まれた綾は、女ながら能楽師になりたいと志すかたわら女子英学塾にも学び、たぐいまれな審美眼をもつ才媛へと成長する。
    そんな折、綾は親友同士である魅力的な2人の学生、重光伊織と高見友則と出会う。
    3人での輝くような青春の日々が過ぎ、やがて綾は伊織と友則、どちらかを選ぶ時がくる。
    結婚、渡英、そして1920年代のパリへ。美を求め能を求めて、明治、大正、昭和を生きた女性の、華麗なる生涯。
  • Fの悲劇
    著者名:岸田るり子
    出版社:徳間書店
    絵を描くことが好きな少女さくらは、ある日、月光に照らされて池に浮かぶ美しい女性の姿を描く。その胸にはナイフが突き刺さっていた。大人になった彼女は、祖母に聞かされた話に愕然とする。絵を描いた二十年前、女優だった叔母のゆう子が、京都の広沢の池で刺殺されたというのだ。あの絵は空想ではなく、実際に起きた事件だったのか?さくらは、叔母の死の謎を探ろうとするが・・・・・・。
  • 蜜味の指
    著者名:うかみ綾乃、カバーイラスト:いしいのりえ
    出版社:幻冬舎
    ”紫城麗美”の筆名で官能小説を書いているテンコ。内向的な性格で男性経験はほとんどない。あるときAV撮影現場で出会った助監督の楠田と関係を持つ。テンコは性に奔放な麗美を装うことで自らを解放し、過激なセックスの快楽に酔い痴れていく。「あぁ、もっと欲しいの……」。すれ違いながらも、心と体の奥底から性愛を求め合う男女の官能小説。
  • 秋葉原オーダーメイド漫画ラボ 今日から「0課」担当します!
    著者名:隙名こと、イラスト:MACOZI
    出版社:ポプラ社
    連載を打ち切られ仕事を失ったアラサー漫画家の月高アユムは、気力を失い秋葉原の町を彷徨っていたところ、キラキラした女子高生に声を掛けられた。「貴女を、あたしにちょーだい?」とスカウトされたのは、漫画以外のあらゆるものを漫画にする会社。彼女はその社長だった。変わった案件だけを担当する「0課」に配属されたアユムが受けた依頼とは・・・・・・?
    JK社長&崖っぷちの漫画家のユニークなお仕事物語!
  • 僕は君と、本の世界で恋をした。
    著者名:水沢理乃、カバーイラスト:もりちか
    出版社:スターツ出版
    自分に自信がなく、生きづらさを抱えている文乃。ある日大学の図書館で一冊の恋愛小説と出会う。不思議なほど心惹かれていると、作者だという青年・優人に声をかけられる。「この本の世界を一緒に辿ってくれない?」—―戸惑いながらも、優人と過ごすうちに文乃の冴えない毎日は変わり始める。しかしその本には、ふたりが辿る運命の秘密が隠されていて・・・・・・。すべての真実が明かされる結末は感涙必至!「エブリスタ×スターツ出版文庫大賞」部門賞受賞作!
  • 100億人のヨリコさん
    著者名:似鳥鶏
    出版社:光文社
    貧乏極まり行き場を失くした小磯は、学生課で寮費千三百円という怪しげな「富穣寮」を紹介される。大学キャンパスの奥の奥。そこでは、変人の寮生たちが奇妙な自給生活を繰り広げていた。しかも部屋には、夜な夜なヨリコさんという「血まみれの女」が現れるという。ヨリコさんの正体を解き明かそうとする小磯は、やがて世界の存続をかけた戦いに巻き込まれていく!
  • 陽だまりのひと
    著者名:藤岡陽子、カバーイラスト:中村至宏
    出版社:祥伝社
    「婚約破棄は、どのくらいの罪になりますか」
    横浜・鶴見区にある芳川法律事務所は弁護士の芳川と事務員・涼子で成り立っている。ある日、相談にやってきた高校教師の桐山希は、婚約を破棄してきた元恋人を訴えたいという。だが、希の態度から彼女の本心に疑問を持った涼子は、自分の想いを伝え・・・・・・。(「卒業を唄う」)依頼人の心に寄り添い、小さな法律事務所は今日も奮闘中!
    『テミスの休息』改題作品
  • 喫茶黒猫はいつもあやかし日和です
    著者名:浅月そら、イラスト:紅木春
    出版社:KADOKAWA
    赤坂の路地裏に、隠れ家のようにひっそりと建つレトロな喫茶店「喫茶黒猫」。この店で客を迎えてくれるのは、若き店主・美月と、あやかしの黒猫レン。美月は幼少期のトラウマで人と話すことができないが、そんな彼女を黒猫レンがしっかりフォロー。美月の肩にチョコンと乗って代わりに話すことで、見事にお客とコミュニケーションしてしまう―。あやかしが人間を想うが故に起きてしまう切ないトラブルを、美月とレンが解決していく、心癒される物語。
  • 江戸川西口あやかしクリニック 3 私の帰る場所
    著者名:藤山素心、カバーイラスト:優起
    出版社:光文社
    クリニックはいつになく混んでいる。心理的なストレスが引き金になって身体に症状が現れた人が殺到しているのだ。予想外の状況に、テンゴ先生もパンク寸前。そんなときに現れたのは、幼なじみの嵩生兄ちゃん。そのストレートで強力なアタックに押され気味の亜月だったが、その存在に違和感を覚えてしまい・・・・・・。
    すいにテンゴ先生が亜月への思いを語り出す!
  • 市立ノアの方舟 崖っぷち動物園の挑戦
    著者名:佐藤青南、カバーイラスト:おとないちあき
    出版社:祥伝社
    野亜市役所職員の磯貝健吾は、突然の人事異動で廃園寸前の市立動物園の園長に就任した。だが、初日から飼育員たちに”腰掛の素人”と反発されてしまう。挫けそうになったとき一人娘が写生したゾウの絵を目にし、何としてでも園を存続させようと決意。厄介な問題だらけだが、そこには曲者揃いの飼育員たちの動物への一途な想いがあった。真っ直ぐな情熱が胸を打つお仕事小説!
  • 砂漠の影絵
    著者名:石井光太
    出版社:光文社
    二〇〇四年六月、イラクの武装組織に日本人五人が拉致された。商社勤務の橋本優樹は、バクダッドへ向かう途中だった。組織の要求は、自衛隊のイラクからの撤退だ。日本政府はその要求を拒否、予告された処刑の日が迫ってくる。憎しみ合いと、殺し合いの果てにたどり着くのはどこなのか。人と人は分かり合えないのか。人間の生き方を問う、渾身の傑作長編小説。
  • MORI Magazine3
    著者名:森博嗣、イラスト:コジマケン
    出版社:大和書房
    本気と冗談でサッパリ解決〈人生相談&質疑応答〉
    無関心からの鋭い視点〈2018年を振り返る〉
    謎が謎を呼ぶ〈ショートショート〉、再び!
    特集インタビュー〈時間との向き合い方〉
    巻末付録〈2019年の運勢〉
  • 淳子のてっぺん
    著者名:唯川恵、カバーイラスト:danny
    出版社:幻冬舎
    山が好きで、会社勤めをしながら国内の様々な山に登っていた淳子。「エベレスト? 女なんかに登れるもんか」その言葉に奮起し、彼女は女性だけの隊で世界最高峰を目指す。苦しい資金繰り、寝る暇もない膨大な準備、隊員同士の軋轢を乗り越え、8848メートルの頂きに立った淳子の胸に去来したのは・・・・・・。登山家・田部井淳子さんの挑戦を完全小説化。