制作実績

WORKS
  • 実話芸人
    著者名:コラアゲンはいごうまん
    出版社:幻冬舎
    「SM女王様の奴隷に弟子入り」「地縛霊の前でネタ披露」「後期高齢者しかいないソープランドへ突撃」「強面のカリスマ彫師に刺青を入れてもらう」「会ったこともない人の葬儀に参列」・・・・・・。 著者が全国津々浦々の噂のスポットに赴き、体を張って体験してきた壮絶実話が満載。世にも稀なる〝実話芸人〟による、テレビじゃできない爆笑必至の30本!
  • さようなら、ビタミン
    著者名:レイチェル・コン、訳:金子ゆき子
    出版社:集英社
    婚約者に去られた30歳のルースは、仕事を辞めてアルツハイマー病の父親の介護を手伝うことに。

    辛い現実を軽やかなタッチで描き、全米の話題をさらった日記形式の家族小説。

    「ささやかで人間的で深々とユーモラスなディテールの積み重ね」 ――ミランダ・ジュライ
  • 育休刑事
    著者名:似鳥鶏、カバー&本文イラスト:かわいちひろ
    出版社:幻冬舎
    県警本部捜査一課・秋月春風巡査部長。生後三ヶ月になる可愛い息子・蓮くんのため、刑事としては初めての“育休"に挑戦中。
    それでも事件は待ってくれなくて――。
    お人好しの刑事(パパ)と動じない見習い(あかちゃん)は難事件を解決できるのか!?

    七キロの蓮くんと大きい赤ちゃん用バッグを抱え外出するのに慣れた頃、ひょんなことから質屋強盗殺人事件の人質になってしまう。だが蓮くんのウンチやミルクの時間は事件とお構いなしにやってきて。果たして無事に生還できるのか!?
    (「人質は寝返りをする」)

    六ヶ月になった蓮くんを連れて実家からの帰り道、春風は高速道路で特徴的なラッピングカーを目にする。その模様は乗車に疲れぐずる蓮くんをひと時ご機嫌にしてくれたが、知らず知らずのうちに犯罪のアリバイ作りに協力してしまうことに。
    (「瞬間移動のはずがない」)

    県警本部庁舎に不審物が届けられた。それは最近刑務所から出所したある人物からの、復讐予告。春風はある晴れた休日の昼下がり、家族連れで賑わうショッピングモールに出かけた。姉に蓮くんをあずけ、久しぶりにデート気分を味わうはずだったが。
    (「お外に出たらご挨拶」)
  • 行きたくない
    著者名:加藤シゲアキ、阿川せんり、渡辺優、小嶋陽太郎、奥田亜希子、住野よる、カバーイラスト:ダイスケリチャード
    出版社:KADOKAWA
    恋人との別れ話を見ていて―幼馴染に頼まれた僕に訪れた出会い(「ポケット」加藤シゲアキ)。私の家に毎夜違う知らない「友達」がやってくる。ある時から、同じ人が何度も現れるようになり(「コンピレーション」住野よる)。加藤シゲアキ、阿川せんり、渡辺優、小嶋陽太郎、奥田亜希子、住野よるが夢の競演。誰だって「行きたくない」時がある。そんな所在なさにそっと寄り添う、一瞬のきらめきを切り取った書き下ろし短編集。
  • 蒼色の大地
    著者名:薬丸岳
    出版社:中央公論新社
    この世から争いはなくならない。そんなことは、分かっている。

    かつて幼馴染であった新太郎、灯、鈴。時は流れ、新太郎は呉鎮守府の軍人に、灯は瀬戸内海を根城にする海賊に、そして鈴は思いを寄せる灯を探し、謎の孤島・鬼仙島にたどり着く。「海」と「山」。交わることにない二つの血に翻弄され、やがて国を揺るがす争いの渦が巻き起こる。

    友情、恋慕、嫉妬、裏切り。戦争が生む凶器の中で、三人は希望を捨てず、運命に抗い続ける――。
  • 庶務行員 多加賀主水がぶっ飛ばす
    著者名:江上剛、カバーイラスト:岡田航也
    出版社:祥伝社
    試験的にAIロボットを導入した第七明和銀行。高田通り支店の庶務行員・多加賀主水は、AIに負けじと雑用をこなしていた。ところがある日、主水は友人の木村刑事に放火の疑いをかけられ、署に連行される。聞けば”高田町稲荷の遣い”を騙り、町内の嫌われ者の自宅に「天誅」と称してほうかする輩が出没しているらしい。潔白を訴える主水は町を脅かす巨悪と対峙する!
  • マーダーズ
    著者名:長浦京
    出版社:講談社
    この10年で日本全体の殺人認知件数は1万288件。検挙率の平均は98%。
    単純計算で206人の殺人犯が捕まっていないことになる。
    また、年間約17万人が死因不明の異状死として届けられるが、解剖に回されるのはわずか12%。
    およそ15万の「異状死体」が、詳しく調べられないまま死因を特定されている。
    他の先進国と比べて日本のこの数値は異様に低く、多くの死が見逃されている可能性がある。

    殺人を犯しながら、誰にも知られず、日常生活を続けている者たちがいる。
    これは、現実の日本で起こっているかもしれない、知ってはならない物語。
  • 虎を追う
    著者名:櫛木 理宇
    出版社:光文社
    30年前に起きた『北蓑辺郡連続幼女殺人事件』。逮捕された亀井戸健、伊与淳一は、死刑判決を受け収監されているが、亀井戸が喉頭癌のため獄死した。当時栃木県警捜査一課にいた星野誠司は、この事件には真犯人がいるのではとずっと思ってきた。刑事を引退した今、事件を調べ直したいと思った星野は、世論を動かすことが必要であると認識し、孫である大学生の旭とその友人・哲に協力を仰ぐ。”星野班”はSNSや動画投稿サイトを使い、”冤罪事件の真相解明をリアルタイムで見せる”という形で拡散することに成功。新たな証拠・証言を見つけ発信していくうち、「虎」と名乗る男から真犯人しか知りえない情報を含んだ小包が届く――
  • ジグソーパズル48
    著者名:乾くるみ、装画:みずす
    出版社:双葉社
    日常で起きてしまった七つの事件。解決に挑むのは個性豊かな女子高生!


    「イニシエーション・ラブ」の著者が贈る連作ミステリ短篇集。
  • ウナノハテノガタ
    著者名:大森兄弟
    出版社:中央公論新社
    父は嘘つき、子は怖がり。

    そこは“弱い命”を集める楽園。

    死体を運び続ける少年と父。
    二人が背負った使命は罪か?救いか?

    原始の海から届くどこにもなかった物語
  • 天命の巫女は白雨に煙る 彩蓮景国記
    著者名:朝田小夏、カバーイラスト:Laruha
    出版社:KADOKAWA
    景国の祭祀を司る貞家の一人娘・貞彩蓮は、15年に1度行われる結界の張替えに駆り出されていた。日差しが照り付ける中、禁軍に勤める婚約者の皇甫珪と共に、仕事に精を出していると、公子・騎遼に声をかけられる。先王の墓が荒らされ、祀られていた遺体が行方不明になったので、捜してほしいというのだ。犯人を見つけるべく、貞家の名誉にかけて、調査に乗り出す彩蓮だったが、そこには現王に繋がる秘密が隠されていて――。
  • ニワトリは一度だけ飛べる
    著者名:重松清
    出版社:朝日新聞出版
    左遷部署「イノベーション・ルーム」に異動となった酒井裕介のもとに「ニワトリは一度だけ飛べる」という題名の謎のメールが届くようになる。送り主は酒井らを『オズの魔法使い』の登場人物になぞらえて、何かメッセージを伝えようとしているようなのだが・・・・・・。
  • しねるくすり
    著者名:平沼正樹
    出版社:産業編集センター
    10年の浪人期間を経て薬科大に入学した数納薫と、12年もの浪人生活をまるで青春を謳歌するかのように過ごした芹澤ノエル。田舎の内科開業医の息子と大病院理事長の孫とではそのライフスタイルや考え方はまるで違っていたが、二人は互いに心許せる関係を築いていた。しかしそんな日々は、ある日突然、終わることに。芹澤が自殺したのだ。
    芹澤の死が受け入れられない薫は、ある時、彼が残した薬の存在を知った。それは、たった一錠で痛みも苦しみもなく確実に死ぬことができるという薬だった。時を同じくしてSNSでは不可解な死の連鎖の噂が広まり始め・・・・・・。

    第6回「暮らしの小説大賞」受賞作
  • よるのばけもの
    著者名:住野よる、カバーイラスト:loundraw
    出版社:双葉社
    夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて――。
    大ベストセラー青春小説『君の膵臓をたべたい』の著者が描く、本当の自分をめぐる物語。
  • プラスマイナスゼロ
    著者名:若竹七海、イラスト:杉田比呂美
    出版社:ポプラ社
    ある時、センコーがアタシらを見てこう言った―「プラスとマイナスとゼロが歩いてら」。不運に愛される美しいお嬢様・テンコ、義理人情に厚い不良娘のユーリ、“歩く全国平均値”の異名をもつミサキの、超凸凹女子高生トリオが、毎度厄介な事件に巻き込まれ、海辺にあるおだやかな町・葉崎をかき乱す!学園内外で起こる物騒な事件と、三人娘の奇妙な友情をユーモアたっぷりに描いた、学園青春ミステリ。
  • あの夏を、いつかの君と。
    著者名:苑水真芽、イラスト:白身魚
    出版社:ポプラ社
    ごくごく普通の女子高生・美弥緒は入学早々、初対面のイケメン男子・祈につきまとわれる。祈は「子供の頃に会っている」と主張するが、美弥緒は記憶にない。しかし、ある事がきっかけでタイムスリップした彼女の前に6歳の祈が現れ、彼の父親捜しに付き合うことになり――。
    二人は祈の父親に会えるのか?そして美弥緒は現代に戻れるのか? タイムスリップがもたらした運命の出会いが巻き起こす、エンターテインメント小説。
  • 同期のサクラ
    著者名:夏来頼、カバーイラスト:くにみつ
    出版社:光文社
    かつてはイケメンサッカー少年、今は編み物大好きゆるふわ男子のソータはある日、九年間付き合った恋人のウタコに振られてしまう。惚れ直してもらうため、ソータが選んだ就職先は、陸上自衛隊!? しかし、辛すぎる訓練の日々から「脱走」を図ったソータの前に立ちはだかったのは、無口で不愛想な同期の佐倉だった……。
    陸上自衛隊が舞台の熱血バディコメディ!
  • 黄昏出張所 歴史修復官は時を駆ける
    著者名:中村 ふみ、カバーイラスト:伊東七つ生
    出版社:KADOKAWA
    ある日の黄昏時。不遇の青年、遠野ハジメの目の前に、突然現れた古めかしい建物と、眼鏡をかけた不思議な男。
    彼は自らを、時の蟲から歴史を守る「蟲番」だと名乗る。
    蟲は、歴史上の人物の意識を喰い、過去を変えてしまうのだ。
    蟲喰いを修復する3つのミッションに成功すれば、報酬がもらえると蟲番は言う。
    一攫千金を夢見て、任務に当たるハジメだが――。

    熱い想いは、時空を超える。
    感涙のラストが待つ、ダーク・ファンタジー!